FAQ:学校について

JFTD学園日本フラワーカレッジは、一般社団法人JFTDが、花業界で活躍する人材を育成するために設立した学校です。そのため利益を目的とせず、フローリスト育成のための教育事業として行っています。

1年間で740時間余りの充実したカリキュラムと、豊富な花材を使った実習を受けることが出来ます。

専門的な知識・技術を持ったフローリストになるために必要なフラワーデザインの技術・商品知識・経営のノウハウなどを基礎から学びます。

※1年間のカリキュラム内容の詳細については、 カリキュラムページ をご参照ください。

所定の実技・筆記試験に合格すると、卒業時に一般社団法人JFTDが認定する「フローリスト認定資格」を取得することが出来ます。

一年間を通して一貫した授業プログラムを組んでおりますので、4月入学、3月卒業となります。

入学生は、高校・大学等の新卒者、社会人経験者など幅広く、性別は入学年度により多少のばらつきはありますが、男女ほぼ同数です。

出身は、全国各地より集まりますので、将来、花業界で仕事を行う上でのネットワーク作りが可能となります。

月曜日から金曜日まで1日4時限(9:30~16:10まで)の全日制の学校ですので、同じ全日制の定時制の大学生や・短大生・専門学校などとのダブルスクールは不可能です。

また夜間学校など、本校の授業時間と重ならない学校の場合、可能な場合もありますが、授業終了後は、各当番や水揚げ作業などにより下校時間が遅くなることもありますので、詳しくはご相談ください。