2017年7月号「花コミュニケーション」Vol.171


花の専門雑誌「月刊 フローリスト」で連載中の、「花コミュニケーション」。

2人の卒業生がひとつのテーマを基に作品を制作し、その違いをみなさんに見ていただきます。

また、作品の説明、制作者自身のこと、相手の印象、仕事のことなど、お二人の側面にも迫ります!

7月号は第9期卒業の岡田 登さん、第10期卒業の藤澤 旭さんのお2人に担当していただきました。

岡田さんは学園卒業後、都内生花店に勤務し現在はご実家の生花店へ。

2016年のみならず、2012年~2014年にもJFTDジャパンカップ東京ブロック代表に選出されています。

藤澤さんは2015年にJFTDジャパンカップ東京ブロック代表に選出された他、第64回関東東海花の展覧会 関東地域花き普及振興協議会会長賞を受賞されるなど、多方面で活躍中です。

今回は、藤澤さんのクレマチスの花が好き!というリクエストにより、「クレマチスを生ける」というテーマに決まりました。

クレマチスの面を使って、花そのものを見せるようにいけた岡田さんに対し、蔓の動きを生かして流れを表現した藤澤さん。

クレマチスの魅力をめいっぱい活かしつつ、どちらもお2人の「個性」が光る作品に仕上がりました。

花コミュニケ―ン7月号

■岡田 登   第9期卒業 (はなきち/東京都北区)

2016年、2012年~2014年JFTDジャパンカップ東京ブロック代表

NFD1級フラワーデザイナー

ハナコミュニケーション 7月号

■藤澤 旭  第10期卒業 (サンフローリスト/東京都港区)

2015年JFTDジャパンカップ東京ブロック代表

第64回関東東海花の展覧会 

関東地域花き普及振興協議会会長賞

7d7d841c0282be482ee4343b934887c5[1]


コメントは停止中です。