卒業生紹介:堀江 志穂

case
  • フローリストに憧れて
  • 花店後継者として
  • 社会人経験後の入学
  • 独立・開業
  • 世界で活躍する卒業生

フローリストに憧れて

花屋には絶対なりたくない!/堀江 志穂(第18期卒業)
花屋には絶対なりたくない!/堀江 志穂(第18期卒業)
花屋には絶対なりたくない!/堀江 志穂(第18期卒業)
花屋には絶対なりたくない!/堀江 志穂(第18期卒業)
花屋には絶対なりたくない!/堀江 志穂(第18期卒業)

「花屋には絶対なりたくない!」これが私の小さい頃の願いでした。

祖父母、両親が花屋という環境で育ち花が身近にあり過ぎたせいか、花には興味を持てませんでした。そんな私が今はすっかり魅了され、両親と一緒に働いています。
そのきっかけがJFTD学園日本フラワーカレッジです。
恩師に奨められ、たった1年なら、と思い入学。
全国各地から花屋の息子さん・娘さん、そしてフローリストになりたい!という仲間が集まり勉強した1年間。たくさんの刺激をうけ、気がつけば興味がなかったはずの花が大好きになっていました。
学園で出会った友達は最高の仲間です。
卒業生の先輩方の活躍や、授業で行ったディスプレイ制作等が、私の「花」に対する世界を広げてくれました。

話は変わりますが、2011年の東日本大震災で当店も被災し、水も電気もガスもなく、食事もままならない生活の中、もう花なんか必要ないのではないかと思った時がありました。
しかし、亡くなってしまった大切な方にお花を贈る方々、心を落ち着かせたり癒す為に花を飾ったり贈ったりする方々が自分の想像以上にいらっしゃることに驚きました。
改めて素敵な仕事だと気づき、今は花屋で働くということが誇りです。

花を通してたくさんの出会いがありました。きっとこれからも花を通してたくさんのすてきな出会いに巡り合えると思います。
私が学園でお花の持つ力に魅了されたように、たくさんの人にお花の魅力を伝えていきたいです。

堀江 志穂(第18期卒業)