バラ切花の品評会へ審査に行ってきました。


今年もメットライフドーム(埼玉県所沢市)にて、第20回国際バラとガーデニングショウが5月18日(金)から5月23日(水)まで開催されています。

バラ愛好家の方はもちろんのこと、たくさんの方がこのイベントを毎年楽しみされていることと思います。今年も会場にはいろいろなバラが咲き誇り、その存在感や香りに魅了されることでしょう。

さて、そんなバラの香りの漂う中、第61回日本ばら切花品評会が行われました。19日(土)までで、この展示は終了しましたが、オープン前日、こちらの審査をさせていただきました。

毎年この時期に合わせ、日本各地の生産者さんから、バラが出品されます。バラはすべて秀逸で、生産者さんの努力に頭が下がり、順位をつけるのが申し訳ないほどの素晴らしい素敵なバラばかりです。また以前はまだ咲きの固いバラが多く出品されていましたが、近年は、出品時にちょうど良い咲き頃に近いものがほとんどとなり、来場者の方には、それぞれのバラの一番綺麗な姿をお楽しみいただけるようになってきました。

今年の優勝は、綺麗なピンクのバラ「ナギサウェーブ」。その可愛らしい豪華さはみごとです。
各バラの美しさをご堪能いただけたら幸いです。(高橋)


■第1位(農林水産大臣賞)ナギサウェーブ


■第2位(生産局長賞)マリコ


■第3位(関東農政局長賞)アルヌワラン

 

■会場風景(yoko select!)

国際バラとガーデニングショウ


コメントは停止中です。