校外実習~教会編~ ❀ウエディング装飾❀


昨年春に入学した28期生も、早いものでそろそろ卒業の時期が近づいてまいりました。基礎編・応用編に続き、3学期に入ってからは実践編を学んでいます。その中で先日2018年1月16日(水)、キリスト品川教会のグロリアチャペルにてウエディング装飾を行いました。学園から歩いて15分ほどの丘の上にあるプロテスタント教会です。

実際に教会を装飾するのはもちろん初めての学生達。キリスト教の教会挙式装飾についての講義の後、みんなで花材を持って教会へ向かいました。一歩足を踏み入れた時、荘厳な趣に学生達は「わぁ!!」とひとこと。「よしやるぞ!!」気合も入ったようです。

教会入口に飾るトピアリーから、ピューエンド、祭壇の花、ブケー、その他担当ごとに現場で制作をしました。制作が終わった後はすべての花をセッティングし、窓から光の挿しこむ教会はひととき挙式会場となりました。学生達は、牧師・新郎新婦他それぞれの役割を演じ、模擬挙式を行いました。

実際の現場での作業・装飾・模擬挙式を通し、教室ではなかなかイメージがとらえにくかったことも、五感で感じ記憶に焼きつけることが出来たのではないでしょうか。

その後もウエディングパーティー・フューネラル・葬儀祭壇、スタンド花など、講師のデモを交えた実践授業、そして試験が続き、年明けから息つく間もなく駆け抜ける毎日ですが、2月22日(金)23日(土)のカレッジ祭2019(卒業作品展)に向けまだまだ続きます。ラストスパート、頑張れ!!みんなの成長が楽しみです。(大喜多)


コメントは停止中です。