ヨーロッパの花を知る旅 ~オランダ・ドイツ~


一気に寒さが増し、美しい紅葉の季節も終わりですね。景色のトーンがぐっと落ちたのもつかの間、少しずつ街はクリスマス色に変化しています。

さて、先日は海外研修を行い、オランダとドイツを訪問してきました!!

11月のヨーロッパはお天気に恵まれたせいもあり、意外にも暖かかったです。自然に恵まれた大地や街はまだ紅葉した木々で彩られ、秋の風情を存分に感じることができました。

見るもの、聴くこと、感じることすべてが新鮮で、目を輝かせて元気いっぱいの学生たち。

五感でめいっぱい感じて学んできました!!楽しくて、笑顔と真剣な顔の絶えない大変充実した研修となりました。

さあ出発!!

 

★オランダ・ドイツ花店訪問★

オランダ(アムステルダム、ライデン)、ドイツ(ミュンヘン)では花店を訪問し、花束を注文して実際に出来上がるまでを視察しました!!
色とりどりの花を次々束ねていく姿に学生はくぎづけ。
店によって花束のスタイルも様々です。大胆な色合わせやデザインに “わぁ素敵!!”

夕暮れ時に訪れたアトリエでは、オーナーが自身の哲学を語ってくれました。

 

購入した花をホテルに飾っていただきました。

 

★ガーデンセンター キーフル★

カフェレストランも併設された、大規模なガーデンセンター。
選りすぐりの鉢物、切り花、デコレーションなど。

★ロイヤル フローラホランド トレードフェア2018 アールスメア★

スタイリッシュなディスプレイも見どころ。華やかに展示された切り花ブース。

ワックスでデザイン加工されたアマリリスの球根は、近年のトレンド。

 

★ロイヤル フローラホランド アールスメア市場★

効率よくシステム化された花の分荷作業の様子。

 

★育種・生産会社(バラ他)★

病気のウイルス対策で防護服を着て見学。

 

★チューリップ生産社★

球根の選別の様子。

 

 

★ミュンヘン 森の墓地★

墓地の植栽は花屋の仕事でもあります。

ミヒャエル・エンデのお墓も!

「百聞は一見に如かず」。この研修から持ち帰った様々なものは、これからのみんなの将来にどんな影響を与えてくれるか楽しみです。これからも目を大きく開いて好奇心をもっていきましょう!!(大喜多)


コメントは停止中です。