暮らしの中の花


今年もあと1週間ほどとなりました。一年が本当に早く、少々焦り気味の12月、大掃除などは暮れの押し詰まった時期でなければ手つかず・・・。いや、もう押し詰まってきましたね。お正月の準備を始めなくては・・・。

家の中の花飾りは、季節ごと行事ごとなど、それにちなむ植物を飾りその時期を楽しみたいものです。私もこれから、家の扉のクリスマスリースをはずし、お正月飾りを飾ります。

■学園授業で制作したスワッグとリース


■知人が庭の植物を採取し作ってくれたもの


■JFTD学園が管理している花壇から採取してまとめたもの


■ワイヤーワークのツリーにアメリカンホーリーを

 

お正月といえば、玄関の松飾りや家に飾るお正月のお花など、以前は当たり前に用意していたものも、今は当たり前ではなくなったようで、少しさびしく思っています。やはり、それなりに意味のあるもの、たいそうに伝えていかなくても良いけれど、生活の中に普通に自然にあるものとして伝えたいものですね、またそれを楽しみたいと思っています。

季節ごと節目ごとに花を飾るということで気持ちが新たになり、次に向かう一歩にもなります。

私も季節や行事にちなんだ植物を、まずは家の扉や玄関に飾り楽しむようにしています。ちょっとしたことで、日常の暮らしがより良いものとなります。クリスマスまでの期間も、朝と夜に眺める常緑樹のリースに、行ってらっしゃい、お帰りなさいと言われているようでした。

さて、新年の準備を始めましょう。(高橋洋子)


■学園授業で制作したお正月飾り


■紅白の和紙に松と南天


■2月の節分飾り(柊と豆)

 


コメントは停止中です。