学園概要

花や植物の仕事を広く、深く、学ぶ

「花キューピット」グループのひとつである「一般社団法人JFTD」が運営する全日制1年間のフローリスト養成校です。
基礎から実践まで、花の全てを学ぶことができ、同協会が認定する「フローリスト資格」を取得することができます。
講師陣はそれぞれの分野で認められた一流のプロフェッショナルばかり。全国から集まる仲間との交流も将来の大切な絆となるはずです。

カレッジの特色

充実のカリキュラム

充実のカリキュラムフラワーデザインの講義と実習は380授業時間。多くの花にふれて創造性を養いながら、基礎では花材・資材の扱い方から理論に基づく構成技術を習得、応用では花材の特徴を捉え表現する技術を、また冠婚葬祭など目的に合わせた実践的技術を習得できます。さらにフローリストに必要な財務(簿記など)、販売(接客技術や花店研修など)、観賞園芸学、また花の生産から流通、文化まで多方面に幅広く学べます。

プロとしての知識と技術

プロとしての知識と技術花業界の担い手として、広い視野と豊かな教養、そして確かな知識とテクニックが習得できるカリキュラムを採用。1年間で736授業時間(1授業時間は80分)の充実した厳しい集中授業で、自ら考え、自ら行動できる花のプロフェッショナルを養成します。

フローリスト資格の取得

フローリスト資格の取得卒業時にフラワーデザイン技術と実務・フラワーデザイン知識の検定試験に合格すると、一般社団法人JFTDからフローリストの資格が与えられます。

卒業生の花業界就職率100%

卒業生の花業界就職率100%花店アルバイトや、就職、留学のことなど、花業界に精通したクラス担任へ随時、相談することができ、一人ひとりの就職をサポートしますので、就職を希望する学生の100%が花業界への就職を決めています。
また、花キューピット加盟花店のバックアップ、1,320名もの先輩フローリストである卒業生の指導を受けながら、将来の花店経営を目指します。

独自の奨学金制度が学習を支援

独自の奨学金制度が学習を支援貸与は、学習意欲が高く、品行方正であり、なおかつ経済的な理由などにより就学困難な学生に対し行われます。貸与金は授業料等を使途とし、無利子で上限130万円(審査有)、最長7年間での返済が必要になります。

校是 - 創立の精神

自信・自尊・自立

常に志を抱きつつ懸命に為すべきことを為すこと、人に頼らず自らの力で、自らの足で歩み続ける。自主独立を心掛けながら、見るもの聞くもの、すべてに学び、一切の体験を研修と受けとめて努むるところに真の向上がある。心して見れば、すべてのことが我が師となるのだ。

JFTD学園が目指す理想的フローリスト像

理想的フローリストに求められる5領域の概要

理想的フローリスト像

【財務責任者】

経営の資金の流れを把握し、その効率化を図るための計画および総合的調整をはかる業務の責任を担える人。

【販売責任者】

広告、宣伝、商品開発、マーケティング、商品ディスプレイ、接客、労務管理の責任を担える人。

【フローラルアーティスト】

花と緑が持っている造形性、文化性を活かしたデザインと商品制作、美的空間を創る人。

【グリーンフィンガーズ】

緑の指の意。転じてガーデニングや植物栽培に優れた技能を持つ人。

【アメニティ・プランナー】

花と緑の機能、情報を活かしたアメニティ(快適な生活環境)のデザインおよび施工のできる人。

学園長・校長挨拶

一般社団法人JFTD 会長
JFTD学園学園長
佐藤 慶喜

花に携わる人の役割 一般社団法人JFTD会長 JFTD学園 学園長 佐藤 慶喜21世紀は、技術革新とともに情報化が進み、目まぐるしい流れに翻弄される時代ともなりました。ともすると心の余裕を失いやすい生活や社会に、潤いや温かみをもたらすものとして、花や植物が今まで以上に関心を集めています。今後、花に携わる人の役割は、ますます重要になると思われます。

2014年には「花き振興法」が成立し、花きの消費拡大や文化振興を、国と地方公共団体、関係団体などが連携し推進を始めました。JFTDにおいても、生活者に直接花文化をお届けする大切な役割を担う小売り団体として、花き産業の振興および花文化の普及に全力で取り組んでいます。

また2020年には、東京オリンピック・パラリンピックが開催され、海外からのお客様にさまざまな場面で日本の花、花文化に触れて頂く機会となります。日本の「花や緑」でのおもてなしが、人としての共通の安らぎの時間を作りだすことが出来るよう願っています。

総合的な教育カリキュラムをもつJFTD学園日本フラワーカレッジは、フローリストの養成を目指し、1991年に開校し、約1,400名の卒業生を輩出してまいりました。花の知識、技術はもちろんのこと、「人を作る」人材育成に力を注ぎ、長年にわたり花き業界より高い評価を得ています。

JFTD学園は、未来に向けて、花き業界が求められるものは何か、常に時代の流れを読み、社会の期待に応えられるよう、使命を果たしていきたいと考えています。

一般社団法人JFTD名誉理事
JFTD学園日本フラワーカレッジ校長
三田 英世

「花の持つ力」・・・トップフローリストを目指して JFTD学園日本フラワーカレッジ 校長 一般社団法人JFTD名誉理事 三田 英世JFTD学園日本フラワーカレッジは、「自信・自尊・自立」の校是のもと、花を通して自ら考え、自ら行動し、自ら責任を持ち、人を愛しみ、信頼される人間性豊かなフローリストの養成を目指しています。

1年間という短期間での学習範囲の広さは他には類を見ない内容のカリキュラムで、730時間を超える授業が組まれ、指導は各分野の第一線で活躍する講師陣が担っています。授業はフローリストとして必須であるフラワーデザイン・関連デザインはもとより、財務・販売・観賞園芸学・アメニティ・インターンシップ他、またボランティア活動等充実した内容となっています。

当カレッジは未来のトップフローリストとして知識・技術を習得できる唯一の教育機関であり、その成果は、一般社団法人JFTDが認定する資格取得へ繋がります。

これからの時代、高齢化・少子化等の社会の変化に対応した、自ら提案・企画が出来るトップフローリストが必要となります。

そのためには、フローリストとしての技や知識の前に人として信頼される人格も大切となります。また年々自然が破壊されていく地球上で緑の大切さや「花の持つ力」、それを伝え守って行くことも、フローリストのもう一つの大きな使命であると言えます。

全国から集まる同じ目的の仲間達と時代に即したトップフローリストを目指し、第一歩を踏み出して下さい。そして、フローリストの資格認定を取得してみませんか。皆様の入学を心待ちにしています。