卒業生紹介:須藤 望

case
  • フローリストに憧れて
  • 花店後継者として
  • 社会人経験後の入学
  • 独立・開業
  • 世界で活躍する卒業生

フローリストに憧れて

花に触れると、それだけで幸せな気持ちになれる。/須藤 望(第29期卒業)
花に触れると、それだけで幸せな気持ちになれる。/須藤 望(第29期卒業)
花に触れると、それだけで幸せな気持ちになれる。/須藤 望(第29期卒業)
撮影協力:アニヴェルセル表参道

「花を通じて誰かの喜びを創る」という思いのもと、ブライダルなどの幅広い事業を手がける花弘に就職しました。
現在は結婚式場の「アニヴェルセル表参道」で装花制作を担当。
お客様にとって一生に一度の結婚式に関わることにはプレッシャーもありますが、それ以上に毎日が感動であふれています。
花に触れているだけで本当に幸せで、大変なことは全て忘れてしまうほどです。
そして何より、お客様の笑顔を見られることが嬉しいですね。
日本フラワーカレッジでは、生花や園芸、色彩学などの幅広い知識を習得できました。
その中で仕事の役に立たないものは、正直一つもありません。
花に触れることが「作業」ではなく、そこに「幸せ」を見いだせる方なら、きっとこの仕事に向いていると思います。

須藤 望(第29期卒業)

  • 株式会社花弘