卒業生紹介:戸川 純一

case
  • フローリストに憧れて
  • 花店後継者として
  • 社会人経験後の入学
  • 独立・開業
  • 世界で活躍する卒業生

独立・開業

作品も、店舗も、昨日より良いものへ。/戸川 純一(第12期卒業)
作品も、店舗も、昨日より良いものへ。/戸川 純一(第12期卒業)
作品も、店舗も、昨日より良いものへ。/戸川 純一(第12期卒業)
作品も、店舗も、昨日より良いものへ。/戸川 純一(第12期卒業)

リースやスワッグなどをオーダーメイドで制作する花店「花や蔦ひつじ」を開業し、オーナーとして運営しています。
開業以来、夫婦で試行錯誤しながら少しずつお店づくりを進めてきました。
私はフローリストであると同時に、経営者の立場でもあります。
お客様からのオーダーと、自身の創作を織り交ぜて作品を届ける一方で、フラワーデザイン教室の運営など、経営者視点での取り組みも欠かせません。
店舗プロモーションは見せ方にこだわりInstagramのフォロワーは5万人を超えて、たくさんのご注文をいただけるようになりました。
日々の仕事には在学中に学んだ基礎が活きています。
徹底的に基礎を身につける機会はプロにとって不可欠ではないでしょうか。

戸川 純一(第12期卒業)

  • 花や蔦ひつじ オーナー